ホーム > 上場準備実務情報一覧 > 上場準備実務情報
宝印刷
大江戸コンサルタント
上場会社役員ガバナンスフォーラム

IPO準備会社でおきがちな法律問題:景品表示法(1)二重価格表示

Question
10周年記念キャンペーンで、A商品とB商品をセール価格で販売することになりました。 A商品はまだ1週間前に5000円で売り出したばかりの新商品です。こちらは「定価5000円のところ、20%オフの4000円!」と表示して販売予定です。
B商品は、もう何年も前から1000円で販売してきたのですが、最近売れ行きが悪くなったので、1か月前から900円での販売を開始しました。これを、今回のキャンペーン価格として800円に下げようと思います。900円で販売しているのはほんの1か月だけですし、それ以前何年間も1000円で販売してきている実績があるので、「定価1000円のところ、20%オフの800円で購入可能!」と表示して販売予定です。
A商品の5000円も、B商品の1000円も、実際に当社で販売していた価格ですので、この記載で問題ないと思っているのですが、大丈夫でしょうか?

Answer
・・・

このニュースの続きは会員向けコンテンツです。続きはこちら

(表参道パートナーズ法律事務所 飯田 花織)

(情報提供:日本IPO実務検定協会

ページトップへ