ホーム > 事業計画をプロが診断!
宝印刷
大江戸コンサルタント
上場会社役員ガバナンスフォーラム


会員向けCONTENTS

  • なんだか難しそうに見える資本政策案を簡単に作るためのプログラムを用意しました。何回でも作り直せます。プロに頼む前に、経営者のイメージを形にしてみましょう。→こちらをクリック!
  • 上場準備関係の制度や法令は頻繁に改正されることから、常に新しい知識にアップデイトしておく必要があります。上場準備の知識の“最前線”をピックアップしました。→こちらをクリック!
  • 当然のことですが、上場準備会社は株式公開とともに上場会社になります。そうであれば、上場準備中であっても、上場した後に備えて上場会社の情報を把握しておくことが必要になります。→こちらをクリック!
  • IPOにより創業者が手にする利益の概算額を簡単に計算する創業者利益ジェネレータを準備しました。→こちらをクリック!
  • 「上場するまでにいったいいくらのコストがかかる?」「VCからお金を調達するためのコツは?」等々会員向けにプロがホンネで回答します。→こちらをクリック!
  • 「株式公開準備虎の巻」など役に立つコンテンツを掲載しています。→こちらをクリック!

会員向けサービス

  • 「わが社のIPO準備の到達度はいったい何パーセント?」 そんな経営者に疑問にズバリお答えします。→こちらをクリック!
  • プロによる事業計画診断で事業計画をブラッシュアップ!会員向けに無料で提供いたします。→こちらをクリック!

事業計画をプロが診断!

やや陳腐な表現ですが、事業計画は企業が将来どの方向に進むのかを示す「羅針盤」や「地図」に例えられることがよくあります。事業計画を持たずに企業経営をすることは、「羅針盤」や「地図」を持たずに航海に出るくらい危険なことに匹敵するという訳です。

事業計画は、資金計画、投資計画、採用計画といった各種計画の根幹に位置付けられる重要な計画です。事業計画が適当なものであれば、資金計画や投資計画などその他の計画も適当なものになってしまいます。ベンチャー企業の中には、売上や利益が倍々ゲームで増えていく“楽観的”な事業計画を作り、「あとは“気合い”で実現させる」という残念な企業も少なくありません。事業計画が各種計画の根幹となる計画である以上、精神論だけではなく、ロジックを丁寧かつ緻密に積み上げていく必要があります。

そこで上場ドットコムが提供するサービスが、「事業計画診断サービス」です。会員向けに無料で提供いたします。

例えば、次のようなシーンで事業計画のブラッシュアップのために本事業計画診断をご活用いただくことが効果的です。

●創業前

●ビジネスプランのコンテストに応募する前

●重要な投資判断をする前

●ベンチャーキャピタルに出資依頼のアプローチをする前

●銀行に融資のアプローチをする前

●他社と事業提携をする前

●監査法人のショートレビューを受ける前

●証券会社の引受コンサルティングを受ける前

このサービスは会員向けページからご利用いただけます。
会員の方はこちら
会員登録がお済でない方はこちら

ページトップへ