ホーム > 上場準備実務情報一覧 > 上場準備実務情報
宝印刷
大江戸コンサルタント
上場会社役員ガバナンスフォーラム


会員向けCONTENTS

  • なんだか難しそうに見える資本政策案を簡単に作るためのプログラムを用意しました。何回でも作り直せます。プロに頼む前に、経営者のイメージを形にしてみましょう。→こちらをクリック!
  • 上場準備関係の制度や法令は頻繁に改正されることから、常に新しい知識にアップデイトしておく必要があります。上場準備の知識の“最前線”をピックアップしました。→こちらをクリック!
  • 当然のことですが、上場準備会社は株式公開とともに上場会社になります。そうであれば、上場準備中であっても、上場した後に備えて上場会社の情報を把握しておくことが必要になります。→こちらをクリック!
  • IPOにより創業者が手にする利益の概算額を簡単に計算する創業者利益ジェネレータを準備しました。→こちらをクリック!
  • 「上場するまでにいったいいくらのコストがかかる?」「VCからお金を調達するためのコツは?」等々会員向けにプロがホンネで回答します。→こちらをクリック!
  • 「株式公開準備虎の巻」など役に立つコンテンツを掲載しています。→こちらをクリック!

会員向けサービス

  • 「わが社のIPO準備の到達度はいったい何パーセント?」 そんな経営者に疑問にズバリお答えします。→こちらをクリック!
  • プロによる事業計画診断で事業計画をブラッシュアップ!会員向けに無料で提供いたします。→こちらをクリック!

職務権限表を稟議で上書きできるか?

上場準備に入る前のステージにある企業では権限の多くが社長に集中しているのが通常だが、上場準備が進むにつれ社長から他の取締役、執行役員、その他の管理職等に権限が委譲されることとなる。これは社長への依存を減らし、重要度に応じて組織的に意思決定を行うことを目的としたもの。

権限の委譲が進むと、次に(あるいは同時に)作成されるのが職務権限表だ。職務権限表には職務(販売、購買、経費支払、固定資産取得・売却、有価証券取得・売却、借入、人事労務等)ごとに各職位がどのような権限を有するのかが明記されている。職務権限表を見れば権限の委譲状況が一目瞭然となる。

職務権限表の運用を始めると、不具合が判明することもある。たとえば、・・・・

このニュースの続きは会員向けコンテンツです。続きはこちら

ページトップへ